酵素ダイエットなら酵素を飲むだけで太りにくい体に!
*
トップページ > 酵素の効果 > 酵素と生活習慣病

酵素と生活習慣病

生活習慣病は毎日の生活習慣の乱れが引き起こす病気で、わが国の3分の2近くがこの「生活習慣病」で亡くなっています。
日頃の生活習慣がキチンとしていれば、病原菌にも負けることなく健康な体を保てるのでしょうが、不摂生などの生活習慣の乱れが免疫機能を低下させ重大な病気を引き起こす原因になっているのです。

kouso015人の体内の「酵素」は、生活習慣に大きく影響を受けます。
生活習慣の乱れは、酵素の消費を促進し浪費します。この酵素の浪費で体内の酵素が不足し、その結果病気を引き起こす可能性を大きくしているのです。
生活習慣を正し、酵素の浪費を防ぎ免疫機能等の向上させ健康な生活を目指すことが必要なのです。

生活習慣の改善は、何も難しいことはありません。
質のよい睡眠と適度な運動、そして大切なのはストレスをためないこと。食事も大切ですね。暴飲暴食などとんでもないことです。
和食を中心として、1日3度の食事をキチンと摂ること、そして発酵食品など酵素を多く含む食事を心掛けましょう。

私たちの体では、「酵素」は毎日体内で生産されています。睡眠中に1日に必要な酵素が生産されているのです。
ただ、この酵素の生産能力は個人によって異なるそうです。胎児のとき母親の生活習慣が大きく関わっているそうです。
このように、私たちは生活の中で酵素を生産し消費して生活しています。酵素を無駄に消費すると生産がと消費のバランスが崩れ、消化や病気を治す力が弱くなるのです。

生活習慣病の予防には、「酵素」を上手に取り入れることが必要です。
食事で補うのはもちろんのこと、植物酵素等のサプリメントも効果的でしょう。「酵素」を生活に上手に取り入れ「酵素」の働きで、病気を治すというよりは病気にかかりにくくなる身体作りができるようになってくるでしょう。