酵素ダイエットなら酵素を飲むだけで太りにくい体に!
*
トップページ > 酵素の効果 > 酵素は年齢とともに減っていくもの?

酵素は年齢とともに減っていくもの?

私たち人間が生きていくのに、酵素は不可欠なものでしたね。
酵素自体は私たちの体内で毎日生産されていますが、その生産と同じように毎日消費されています。

年齢と酵素
若いときは酵素の生産が活発なのですが、年齢とともに生産量が減っていきます。そうなると、生産量が消費に追いつかなくなり日々酵素が減っていくことも現実です。
歳をとって酵素の生産量が減ってくるなら、それに合わせて酵素を極力消費しないような生活が必要になってくるのsです。

では、酵素はどこで消費されるのでしょう。
まず、酵素は代謝に必要な物質すね。新陳代謝は学校で習いましたよね。古い細胞から、新しい細胞へ生まれ変わることですね。
私たちの細胞は定期的に入れ替わり、一生同じ細胞いることはありません。細胞が生まれ変わることで、健康で生きていられるのです。

酵素が不足すると、この代謝機能が低下して細胞が生まれ変わりにくくなってしまいます。つまり、健康の維持が難しくなってくるのです。代謝を維持するためには酵素不足を起こさないようにすることが必要なのです。

現実は、年齢と共に酵素の生産量が落ちてくるわけですから、だんだんと老化が進行していくのです。老化は止めることはできませんが、酵素の不足を補うことで健康を維持していくことは可能なのです。

このように、年齢と共に酵素は減っていくものですから、対外から酵素を補ったり酵素の消費を少なくするような生活が必要になってくるのです。