酵素ダイエットなら酵素を飲むだけで太りにくい体に!
*
トップページ > 酵素の効果 > 酵素不足の原因

酵素不足の原因

私たちの体内で活躍する酵素は、体内で合成される「潜在酵素」と体外から食事などで補う「食物酵素」に大きく分けることができます。さらに、「潜在酵素」は食物の分解吸収に関わる消化酵素と生きるためのエネルギーを生み出す代謝酵素に分けられます。
この「潜在酵素」ですが、加齢とともにだんだん減少していき、生命維持に必要な酵素が維持できなくなると、人は一生を終えることになります。

病気の女性普段から加工食品や欧米化した食事を多く食べている現在の食生活では、酵素の絶対量が不足気味になっています。それは、酵素は熱に弱く、一般的に耐えられる温度は50℃~70℃といわれています。つまり、加熱した食べ物には酵素が含まれていないからです。

そこで注目なのが「発酵食品」ですね。
日本は、昔から「醤油」「味噌」「酢」などの発酵調味料や、「納豆」「漬物」などの発酵食品をよく食べています。これら発酵食品には、酵素が多く含まれていて、食物酵素を毎日補っているために、世界的にも日本人は長寿国として知られているのです。

つまり、発酵食品に含まれる食物酵素をしっかり補うことで、消化酵素の無駄使いを抑えて代謝酵素の量を増やすことができます。さらに「潜在酵素」の材料にもなりますので、体内の酵素を補うことが出来るのです。

でも、近年の食生活はすっかり欧米化してしまいました。納豆や漬物よりインスタント食品やファーストフードを食べる家庭が多くなっています。これら、熱を加えた食品には酵素をが含まれていませんので、酵素不足になっていまうのです。
代謝酵素の中には、病気を防いだり治したりする酵素もあって、酵素不足は、心臓病、糖尿病、ガン、肝臓病、肥満などの病気に引きこす原因にもなるのです。
毎日、しっかりと食物酵素を摂取することが、健康維持には本当に必要なことが分かりますね。